子供のバイオリン始める年齢は?

バイオリンて何歳から始めるの?こんな悩みありませんか?

  • 子供が習いたいと言うけれど難しそう?何歳からだと始めやすい?
  • 楽器を購入しても続けられるか心配。
  • 親がバイオリンの練習を見てあげられそうにないけど大丈夫?
  • 音感・ソルフェージュも同時に習うべき?
  • バイオリンは体の大きさによって買い替えが必要と聞いたけどどのくらいのタイミングで買い換えるの?

バイオリン教室に通える時期って?

  • ◯1から10まで数えることができる◯ひらがなが読める◯トイレに一人で行ける(行きたいと言える)としています。
  • よそのお宅に行った時、騒いだり勝手にうろうろしたり物を触ったりしない。
  • 人のお話を静かにきちんと聞ける。などが出来れば、2歳半〜3歳でもOKです。これが出来なければ6歳でも7歳でも無理な場合もあります。
  • 走り回ったりせずに、話が聞けることを目安としております。
  • 3歳かなと思いますが3歳でも個人差がありますし、丸(円)を書いた時書き始めと書き終わりが結びつくかなどを基準にしたりします。
  • 早い子だと4歳からが多いですが、小学生に上がると日本語の理解能力も上がるので1年生から始める子でもとても伸びる子がいます。
  • 13歳から始めてきちんとした教育を受けて国内最難関音楽大学院に入った友達もいます。いくつから始めるかというより、若い頃に習う先生の指導の質が最も重要です。
  • 集中力や適正など個人差がありますので、面接をさせて頂きます。また親御さんのサポートが必須ですので、居室任せにせず、親子でしっかり取り組んで下さると大変心強いです。
  • 大体3歳から始められます!【理由その1】バイオリンを立ったまま持ちレッスンをいたしますので、それが可能な年齢を3歳位としています。バイオリンの一番小さいサイズも1/16が最小になりますが、身長約100cmからの使用となります。【理由その2】弦を指で押す力が備わっていない状態でレッスンを始められても、上手くできないという苦痛が先にきてしまいます。 よって、楽器=嫌、うまくできない、ということになりますので、逆効果になることもあります。しかしながら、音に触れるということは、早い段階からしていただくと、音楽を聴きながら身体を揺らされますので、オススメです。【理由その3】ひらがな、カタカナが読める年齢になっていることも一つの目安。身体で覚えることも大事ですが、やはり文字が読めるということもバイオリンのレッスンでは必要です。以上のことから、当教室は3歳位からバイオリンを始められると、お伝えしています。
  • 4歳位~ お話を理解でき、20分位の時間レッスンに集中できるようになったら。
  • お話が聞けて、私との会話、意思疎通ができればレッスン可能と考えています。
  • 明確にこの年齢がよい、という事はなく、 ・音楽に興味を示しているか ・文字や数字や名前を書くときに、ある程度鉛筆を使えるか ・続けて10分程度、集中力を保てるか ・新しいことを学ぶことを楽しめるか。 以上の点がほぼ満たされていないうちは、レッスンをもう少し待っていただく方がお子さまにとっても良いかと思います。
  • 2歳3歳であれば、まず言葉の遊びから始め、ヴァイオリンの正しい持ち方よりも、まずはヴァイオリンに何度も触れる事をレッスンでは取り入れます。五線譜やお絵描きノートで音符を描いてみたり、生徒さんによってどれくらい集中が続くかは違いますが、音を楽しむ事を覚えていただきたいと思っています。
  • レッスン時間は30分なので、ずっと引き続けることは難しいですが、合間に手拍子や歌の練習を挟むことによって生徒さんも楽しみながらレッスンができているので、3歳からでも皆さん続けられていらっしゃいます。
  • 自分自身リトミックの指導資格を持っているため、バイオリンのレッスンの集中力が持たない場合はリトミックを取り入れます。
  • 4、5歳くらいが落ちついてレッスンできることが多いと感じています。
  • 2歳児で、日本語、または英語が通じる方。 3歳児でも、言葉の理解ができない方は、ご遠慮いただいております。また、ご両親の協力、ご理解がいただけない方も、お断りしております。
  • お母様が何か楽器のご経験があるご家庭のお子様は、3歳~。無理なくレッスンが成り立つ(先生の話を聞くことができる)のは、小学校就学時(6歳)~。という条件を設けています。
  • 3歳から始めることは可能です。ただ小さなお子様の場合集中力が持ちませんので、レッスン時間は20分30分にして、その代わり必ず毎週1回にレッスンにいらっしゃるなど、時間は短く回数は多くするとくことが望ましいですね。
  • 最少2歳。そのときはヴァイオリンを持つことは、すぐにはできませんでしたが、まずはヴァイオリンの弓を一緒に持ち、好きな食べ物や乗り物の名前を使いながら一緒に弓を動かしたりなどして楽しくレッスンできました。
  • 3歳以下でもお引きうけはしますが、まだ身体の運動能力が十分ではありませんので、あまりお勧めはしておりません。
  • 子供に関しては、男女比があり、男の子は小学生になってから、女の子は年中さん位がわりとスムーズに始められて良いなと思います。
  • 個人差がありますが早くて3歳くらい、4~6歳、就学前に始めるのが理想だと思います。音感や練習云々より20~30分くらいじっとしていられるとか人の話をちゃんと聞けるかどうか様子を見て判断します。
  • 未就園児は可能ですが、この年齢のお子さんは反応も様々。騒いだりふざけてしまった時など対応も変えますが、それに対して大らかに構えてくださる保護者の方の方がこちらとしてはありがたいかなと思います。
    また、時としてヴァイオリンではなく歌ったり音符を書いたりがメインになる事も幼稚園児さんは多いですが、ヴァイオリンを弾かないレッスンは身にならないなど思わず、将来役に立つものだと考えてくださればありがたいです。一番望ましいのは年中さんの後半(5歳を迎えてから)以降が年齢的にも落ち着いて取り組める年齢だと考えます。
  • 上手になりたいなら5歳から7歳くらいをお勧めします。あまりに小さすぎると音感が育つ前でまだ何をやっているか呑み込めない可能性もあります。まずリトミックやピアノを触ったほうがいいこともあると思います。
  • 何歳からでもバイオリンが弾きたい!興味がある!と思われたタイミングで始めていただければと思います♪
  • ある程度言葉を理解している年齢でないと無理かと思います。あとは年齢ではないのかもしれませんが、先生の言う事をきちんと聞く子は向いてと思います。また子供が遊んでしまったり、先生の言うことを聞かない時に親御さんがきちんと、注意をして頂けないとレッスンは出来ません。

親にバイオリンの知識がありません。自宅で練習を見られるか心配です。

  • 親御さんのみなさまも、初めはみなさん一緒です。そのような環境でバイオリンの練習を続けてきた講師も少なくありません。お子様の上達を御家族ともに見守っていただけることが、お子様の自信や継続の力になると考えています。
  • 子供さんの場合、まずどんな事でも褒めてあげてください。バイオリンが好きになってきたら「もっとうまくなりたい」と自然に思います。まずはバイオリンケースを毎日開くことを習慣に。蓋をする癖がついてしまうとなかなか自分から開けようとしなくなってしまいます。
  • レッスンで先生の言ったことをきちんとメモを取りながら、それを自宅での復習に使うと良いでしょう。

バイオリン教本

※以下参考(現在プロフィールを登録している講師が日頃使用している教本をお聞きしました)

初級(持ち方から音の出し方など、奏法の基礎)

中級(ポジション移動・ヴィヴラートなどのテクニック)

準上級(中級で学んだ技術を曲に合わせて表現)